家電

ダイソン 掃除機

賛否両論あるでしょうが、掃除機で一番のおすすめはダイソン(dyson)って声を一番聞きますね。

自分も色々と調べたのですが、ダイソンの代名詞と言えば「重い」「うるさい」「大きい」の3つをよく見かけました。

実際に店舗に足を運んでダイソンを触って、家電販売員から話を聞いたのですが上記3つの問題って??との感想が第一です。「故障しやすい」との評価も見かけましたが、それはダイソンに限らずだし、保証内であればタダで直してもらえば良いだけです。

店舗では色々なメーカーの話を聞きながら自分的に比較を行って、ポイントをまとめたので偉そうに説明してみたいと思います!

まずは、軽さですね。新しいDigital Slimの重量は1.9kg。日立・シャープあたりの1.2kgとか1.3kgと比べると重めですが、吸引力はダイソンに軍配。

私的に大注目だったのが、フィルターレス。部屋の掃除後の掃除機自体のお手入れが格段になくなります。自分が掃除する場合にはだいたい10分程度で部屋の掃除は終わるのですが、溜まったゴミを捨ててフィルターを掃除して・・・などなど30分くらいアッという間に過ぎてますよね。

ダイソンならばフィルターレスなので、部屋の掃除10分でゴミをパッと捨ててしまえばおしまい。1ヶ月に1回程度、水で丸洗い程度のメンテナンスなので時間が有効活用できます。

ちょっと問題視したのが、標準装備されているスタンド?的なのが壁or柱に穴を空けてネジで止めるタイプだったのが点だったのですが、専用の充電ドッグがついているバージョンもある様子。コチラならば、ミニモーターヘッドがついていて、布団も掃除できるらしい。我が家の場合には、ソファーや車のシートも掃除できるな。

専用充電ドッグ

ミニモーターヘッド

掃除もバッテリーが満充電で40分掃除できるみたいだし(エコの場合)、取り外しができるので電池が消耗して買い替え時にも簡単に付け替えができますね!

そんなこんなで週末にはダイソン(dyson)のSV18FFを妻と買いに行ってくる予定です!妻にコレでアナタも掃除を頑張っちゃうわねっ!!って言われたのが引っ掛かっていますが・・・。


【無料長期保証】ダイソン SV18FF Dyson Digital Slim Fluffy SV18

 

-家電
-, ,

© 2021 お楽しみ日記